★昨今では、気軽に街中で楽しめるイタリアンという印象は強いですが、

本格的なコース料理を楽しめるリストランテも多く顕在します。

イタリアンと言えば、PIZZA、パスタとなりがちですが、

本格イタリアン堪能する機会もお呼ばれの場ではあるかもしれません。

そんな時は、あらかじめお呼ばれしたお店のドレスコードを

調べておくことはマストになってきます。

イタリアンレストランの呼び名を、おおまかに紹介してみましょう。

それぞれのお店のドレスコードや雰囲気に、合わせた装いが、

食事を楽しく頂く重要なエッセンスとなってきます。

 

  • リストランテ・・・高級イタリアンのお店の呼び名
  • トラットリア・・・カジュアルなイタリアンレストラン
  • ブラッスリー・・・居酒屋風なイタリアンレストラン
  • カフェ・・・軽食やコーヒーやお茶を楽しむお店

 

各店舗によって、ドレスコードは異なるので、はじめて訪れるお店の事前調査は重要です。

ドレスコードと言っても、ジャケット着用、ネクタイ、エレガントドレス、スーツなどに

加え、足元やアクセサリー、バッグなど、細部までに気を使うことが必要です。

お洒落のちょい足しにも活躍してくれるのが、レンタルドレスです。

バッグのみ、シューズのみレンタルで、いつもの装いを、ワンランクグレードアップ

してみましょう。高級店では、皆さんの装いによって、案内される座席の善し悪しを

判断されることも覚えておきましょう。

 

装いの基本とともに、ここでは基本的な、イタリアンのコース料理の流れを紹介します。

素敵な装いと落ち着いた振る舞いで、パートナーや家族との貴重な時間を

楽しんでお過ごし下さい。★

 

  • 料理の順番と名称と基本的なルール

 

①アミューズ(突き出し)

食前酒と一緒に

 

②前菜

ワインと同時に運ばれてくる

冷たい前菜から、温かい前菜へ

 

③パスタ(プリモピアット)

プリモピアット=「第一の皿」

メインの一皿目は、パスタが定番

 

④メイン(セコンドピアット)

セコンドピアット=「第二の皿」

お魚料理、お肉料理の両方が出されることもある

食べることが大好きなイタリア人ならでは

 

⑤チーズ

ワインを楽しむ相性抜群なチーズ

 

⑥デザート(ドルチェ)

デザートワインと楽しみたい一品

 

⑦菓子&コーヒー

コース料理の終了のサインだが

本場イタリアでは、この時点から

新たにワインのオーダーを入れることも

めずたしくないようだ