自身が思っているよりも周囲から見られているのが、

結婚式や披露宴パーティーです。家族と家族が結ばれるのですから、

他人としてではなくファミリーとしての視線が注ぎ込まれます。

そんな大切な一時だからこそ、自分らしく正式な立ち振舞いを心得たいものです。

そんな素敵な瞬間に、レンタルドレスがお役に立てれば幸いです。

 

ウェディングの場合、あらかじめその会場のドレスコードがある程度分かる

はずです。当事者や、周囲との打ち合わせをきちんと確認した上で、

晴れ着を選ぶべきです。個人での勝手な判断のドレスコードは、避けましょう。

 

【一般的な結婚式、披露宴 午前~夕方の時間帯のお呼ばれ】

 

  • 男性

スーツ・・・ブラックorダークグレーor濃紺

シャツ・・・ベーシックな白

ウィングカラーなどの立て襟はフォーマル感が増します

ネクタイ(結び下げ)・・・白orシルバーグレーor白黒ストライプ

胸元・・・礼装用の白い麻、シルクのチーフ

靴・・・黒で飾りのないプレーンなものorつま先に一文字ライン

 

  • 女性

ドレス・・・ロングのワンピースorツーピース

花嫁を連想させる白、アイボリー、ベージュなどはNG

黒は喪服を連想させるので、色味のコサージュなどでアクセントを

アクセサリー・・・パール、コサージュなど。

花嫁の特別なものとしての生花は、アクセサリーにはNG

バッグ・・・革製は殺生を連想させるためNG

基本的に、昼の結婚式はきらびやかな光り物も避けたい

ビニール素材、綿素材などカジュアルすぎるものもNG

最低限のものが入る、小さめのクラッチバッグなど

靴・・・ヘビ革、ワニ革、綿、麻、アニマル柄、バイカラーなど

カジュアルなもの、動物を連想するもの、

2つに別れるのでバイカラーはNG。エナメル素材はOK。

指先の出るサンダル、ミュールはNG

 

実際、カジュアルなパーティー、平服指定とされていても、

フォーマルは基本です。

当事者や周囲のメンバーとの打ち合わせは欠かせません。

ウェディングは何度もある機会ではないからこそ、

準備万端に素敵な時間をお過ごし下さい。

幸せの演出をレンタルドレスがお手伝い致します。