突然の知らせとともに、出席するのがお通夜や告別式です。

葬儀のマナーに慣れるには、それ相応の歳月が必要かもしれません。

故人を偲び、遺族を思いやる気持ちを形にできるよう

基本的なマナーを紹介します。

 

ひと昔前ならば、故人と親しい間柄ならば通夜と告別式を通しで、

そうでないならば、告別式のみ参列するのが一般常識とされてきましたが、

昨今の社会情勢からは、仕事のスケジュールに影響しない通夜のみに

出席するケースが増えてきているようです。

いずれにせよ故人を偲ぶ気持ちは変わりません。



【通夜】

  • 男性

衣服・・・地味めなスーツ、紺、グレーなど

ネクタイ・・・派手、カジュアルではない落ち着いた地味なもの

シャツ・・・色物、柄物はNG

靴・・・動物を連想するヘビ革、ワニ革はNG。殺生を思わせるため。

光沢のあるエナメル素材は避ける。靴も靴下も基本は黒。

 

  • 女性

衣服・・・お通夜は、急な出席なので喪服でなくてもよい。肌の露出は控えめな、地味めのワンピースやツーピースなど。毛皮、ファーなど動物的なものはNG。

アクセサリー・・・基本的にアクセサリーはしない。真珠のネックレスに場合、二重はNG、一重はOK。

バッグ・・・革のバッグはNG。動物の殺生を連想させるため。

靴・・・エナメル素材など、光沢のあるものは避ける。ゴールドやシルバーの装飾品もNG。ストッキングは、黒or肌色

 

【告別式】

  • 男性

ブラックor無地のダークスーツ

 

  • 女性

フォーマルな喪服

 

告別式は、お通夜よりもフォーマルな装いを求められます。

お通夜、告別式、双方、女性のメイクは、

派手にはならずベーシックなナチュラルメイクを心がけましょう。

すべては、故人と遺族への配慮と考えて行動して下さい。

★また、お通夜では許された装いが、告別式では失礼になることも有り得ます。

告別式での装いには、より一層の注意が必要です。フォーマルな装いに困った際には、

レンタルを利用することも一つの選択です。

昨今では、増えてきている喪服のレンタル利用ですが、

レンタルドレスの喪服を利用する場合、重要なのは、注文から手元に届くまでの時間です。

即日発送などをおこなっているレンタルドレス店もありますので、ご自身の利用に

適した店舗をみつけておくことがキーとなってきます。★