マナーやタブーの面々は、ほんの一部の形式です。また、今までもそうだったように、

時代の流れとともに形式は変化するものです。公の場に出る際に、マナー、ルールとなるものは、お互いへの心遣いであったり、

配慮であったり労りの気持ちがベースとなっています。決して、心苦しいものではなく、相手を思いやる気持ちとして認識して

頂きたいものをご紹介してきました。そういった礼節にとらわれ、普段とは違った装いで、パーティーに出席することは、

楽しいことばかりでなく、失敗を重ねることもあるでしょう。失敗はつきものです、そんな羞恥心を育むよりも、

きちんととしたマナーの元、相手を思いやる気持ちが言動に添えられれば、どんな場面に出くわしても大丈夫です。

 

そんな、素敵な一時の演出にレンタルドレスがおともします。装いを変えることで、気持ちが晴れやかになったり、

引き締まったりもするものです。また、最近では、ECOの観点からもレンタルドレスが注目されているとも

聞きます。皆さんに合わせたニーズに沿って、これから成長していく分野となるでしょう。

今回は、その基本的な形式や流れを、ポイントごとにご紹介してきました。皆さんの、華やいだ一時のエッセンスとなることを願ってやみません。

様々な場面で、お役に立てれば幸いです。